目標を決める

目標を決める

不動産投資セミナーで学ぶことの中に目標を立てることの大事さがあります。目標を立てたその後に何をするかが、最終的にどの程度の成功を収められるかを決定付けます。目標達成のために本当にうまくやらなければならないことがあります。それは、コミュニケーション、計画、忍耐、集中しつづけることの4つだ。これらの重要な概念についてもう少し詳しく見てみよう。目標が怖いという人は、達成できなかったときのことを考えるから自分の目標を誰かに話すのが怖いのであって、そのような恐怖心は克服すべきだ。目標を紙に書きつけるか魂に焼き付けるかしたら、みんなに話そう。念のためにもっとはっきり言っておくが、目標は1人では決して達成できない。不動産投資で目標を決めてみましょう。

  • 私は、不動産投資をしたいと思っていて、収入の足しになるような良い賃貸物件を探している。

この目標はきわめてあいまいだ。現実的な意味で達成するのは難しいし、実行も危ぶまれる。具体的な目標を、2、3人の不動産仲介入やモーゲージ・ブローカー、物件管理会社に話してみれば、彼らから連絡をもらえるはずだ。彼らは、あなたが真剣であること、何をいつまでに欲しがっているかを知っているので、不動産投資のチャンスがあれば知らせてくれる。自分の話している言葉に耳を傾ければ、自分の目標が具体的かどうかを知ることができる。もしあなたが、「何かあったら知らせてほしい……」とか「良さそうなものを見かげたら教えてください……」などと言っているなら、自分の目標をもっと明確にする必要がある。そのような言い方はあいまいである証拠だ。