目標と成功

目標と成功についてはおかしなことがある。目標の達成が近くなればなるほど、また、成功すればするほど、さらに多くのチャンスが目の前に現れる。ほとんど毎週のように、収入を確約した新しい不動産物件やビジネスチャンスが現れ、あなたを誘惑するだろう。「確実に儲かるもの」がぞろぞろ出てくる。

そのような不動産投資のチャンスはどれもすばらしいものだが、だからといって目標から目をそらしてはいげない。不動産投資のチャンスが姿を現したら、自分にこう問いかけてみよう。「私は、何個のボールを同時にさばきたいと思っているのだろうか。このプロジェクトを引き受げたとして、さらに10個のボールを空中でうまく操れるだろうか。もっと重要なことは、このプロジェクトを引き受けることで、目標にさらに近づけるかどうかだ」あなたの目標が、向こう5年聞に10世帯集合住宅を買って年平均5,000万円を稼ぐことなら、一戸建ての不動産物件は目標に近づくことになるだろうか。答えは「ノー」だ。掘り出し物どころか目標への道から外れる原因になるうえ、向こう5年間に年平均5,000万円の収入をもたらす不動産物件でもない。目標を立てようとお勧めしているが、目標を設定するということは、ときにはどんなにすばらしい取引であっても目標達成の役に立たない取引を見送るということでもあるのだ。目標の設定は、しでもしなくてもいいというものではない。目標は成功の必須条件だ。不動産投資セミナーでこのようなことも学びましょう。