減価償却費の意昧と扱い

毎年春の税金申告の際、賃貸マンシヨンから得られた年間利載を計算 して税務署に申告することが必要になります。そのとき、 一定の計算式によってはじき出される減価償却費を コストとして計上できます (その分、収支結果から出てくる利益が小さくなるため、 節税できる)。
減価償却は、建物部分(土地部分は対象外)の“減価(経年変化などによって 、価値が減少すること)の相当分”を一定期間の収支計算(損益計算)に反映させる会計上の仕組みのことです。
1 つの考え方と して、マンション賃貸の年間収支を計算するときに、減価償却費を コス トに入れて計算する手も考えられます。事例マンションの 場合でしたら、減価償却費を含めて計算しますと 、50 万円超の年間利益は20万円程度に減少しま す。 しかしこ れは、所有者である私がその分“損”
をしているという意味ではあり ませ ん。むしろここでは、 減価償却費を収支計算に入れても、黒字が維持されていることに重要な意味があります。減価償却費を繰り入れて計算 した結果、出てくる 利益は、経年変化などに よる中古価格下落分を想定に入れた場合の利益を実質的に意味 しているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *