不測の事態

「不測の事態」については、弁護士が助言を与えてくれる。「不測の事態」は契約書の条項に含まれている条項で、予期しない状況が起こった場合に取引をキャンセルできるという救命ロープを投げてくれる。典型的な「不測の事態」に関する条項には、ローンに関するものとデ、ューデリジェンスに関するものとがある。これらの条項は非常に重要なので、すべての売買契約書に書き込むようお勧めする。

「ローン特別条項」は、売買はあなたが融資を受ける資格があるかどうかによると定めている。これは、万一貸し手が取引の融資を断った場合の逃げ道を用意してくれる。「ローン特別条項」の条項がない契約書にサインしない。物件管理をしていたあるプロジェクトで、買主が「ローン特別条項」の条項をつけずにこの物件に200,000ドルの手付令を玄払っていた。しかし、融資を受けることができず、大枚200,000ドルを失うという悲劇に終わった。実際にあった話だ。

「デューデリジェンスに関する不測の事態」も同じように重要だ。売買契約書におけるこの文言は、物件に関連するあらゆる文書を閲覧する資格があると述べている。この条項はまた、買主としてあなたは物件についてあらゆる質問をすることができ、売主が知る限りの回答をタイムリーに得て当然であると定めている。次の章を読めばわかると思うが、このデューデリジェンスのプロセスの結果によって、最終的に物件を買うのか、手を引くのかが決まる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *