総合的な利回りの発想

賃貸向けに新築マンションが売れる現象は、それを買おうとする人が、 中古価格の下落は「目に見えない現象であると考え、賃貸料収入から出てくる利益や表面的な利回りだけに関心と打算を集中させて
いるから起きるのでしょう 。保有物件の値下がりによる“含み損”(キャピタル・ロス)のほうは無視する。それでこそ新築物件が買えるわけです。一方、販売側のマンション業者も、「お客さん、値下がりするといっても、将来もずっと売らなきゃ、損は表面化しないんですから」などと 言いながら販
売しているのでしょう 。ここには、 保有物件の評価上の損益(時価と比べた損益)まで考慮に入れた
「総合的な利回りの発想」、あるいは保有物件の時価(今すぐに売れる価格)を想定に入れた採算の考え方というものがはたしてあるのだろうか、と疑問に思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *