ある不動産投資家から

自分1人でやっていこうと決心した不動産投資家がいた。総戸数百戸の不動産物件を購入した後すぐに電話をよこし、不動産物件の管理を手伝ってくれと頼んできた。ここでのキーワードは「不動産投資した後」という言葉だ。その不動産物件は管理プランはまったくの白紙状態だった。彼は、不動産物件のどこかの部屋に足を踏み入れたことさえなかった。誰かに電話をして、どんな人が住んでいるのかと聞いたこともなかった。周辺地域の様子を調べることすらしなかった。話をしてみて、彼が不動産物件について何の調査もしなかったことがわかった。下見もせずに不動産投資をしたのだ。不動産物件はいたるところが壊れたままになっていた一これ以上控え目な言い方は非難に値するだろう。こういった場合は不動産投資に失敗するケーススタディ-とは思いませんか。不動産投資セミナーで情報を得れば、こんな対応はなかったはずです。

この男性は、最初のところで怠け心をおこしたために途方もないツケを支払うはめになった。不動産投資セミナーに行くと同じような話は他にも何千と聞けます。ここで重要なのは、賢い不動産投資家は初めに支払をして終わりに収穫するということだけだ。不動産投資のチームが、ネットワーク全体の基礎になることが結構多い。ネットワークは自分のライフラインだと考えよう。彼らは、あなたがいま取り組んでいる取引を手助けしてくれるだけでなく、投資チャンスを運んできてくれる人になるとくに、すべてを自分1人でやる必要はない。あなたには専門家が必要だ、。私は長年このビジネスをやっているが、いまだに私の専門家チームが頼りだ。彼らなしに私が取引をすることはない。まずは不動産投資セミナーに参加してみよう。

◎おすすめの不動産投資セミナー:不動産投資セミナーを東京でさがすなら日本アセットナビゲーション